プラスチック容器の利便性と実用性の高さ【購入時の注意点】

円筒の内部を仕上げる方法

男女

特殊な工具で内側を磨く

製造現場で用いられる機械を使った加工方法の一つに、ホーニングと呼ばれるものがあります。これは砥石を使って円筒の内面を削る作業のことで、内径を出すというよりも研磨によって磨き上げることを指します。この加工方法では、工具の先端に砥石を取り付けます。砥石の数は一つではなく、90度毎に均等の間隔で四つです。工具には油圧によって砥石に対して圧力がかけられ、円筒の内面に接します。固定された工具が上下に動くことで、砥石が円筒の内面を研磨する仕組みです。一般的な円筒を削る作業と違って、四つの砥石を使うことで高い精度で研磨できるのがホーニングの特徴です。そのため内径を出す時にはドリルや切削工具などを用い、その前処理が終わった後でさらに精度を上げたい時にホーニングが使われます。通常は工具を何度も上下させることで任意の状態にまで研磨しますが、一回の動作で終えることも可能です。これはワンパス加工といいます。研磨によって得られる面は多くの場合、ストレートなものです。特別な技術を持つメーカーでは中心に向かって少しずつ内径を広げることや、逆に内径を絞り込んだ形状に仕上げることも可能です。場所によって内径を変えたい時にも使われる加工法です。加工後の表面には細かな研磨跡ができるのもホーニングの特徴です。この研磨跡はエンジンメーカーから注目されています。なぜなら細かな筋ができることで潤滑油を保持できるからです。エンジンのシリンダーなどはそのままでは動作時に焼け付いてしまいますが、ホーニングによって細かな筋を作ることで摩擦を減らせることから活用されています。

PICK UP

倉庫

物流業界のコスト削減

物流の現場で多く使われているパレットは、商品などを効率よく運搬するのに欠かせないものです。新品でも揃えることができますが、中古パレットなら価格も割安でコスト削減策として効果的です。木製やプラスチック製などから用途に合わせて選びます。

資材

エキスパートな仕事

金沢市にも多くの金属加工を行う企業が有ります。金属の原料や大きさ加工を行う工程によって、必要なスキルや機械類が違ってきます。金属加工を発注する場合、各企業の強味を確認して目的に合った企業を選択することが必要です。

Copyright© 2017 プラスチック容器の利便性と実用性の高さ【購入時の注意点】 All Rights Reserved.