プラスチック容器の利便性と実用性の高さ【購入時の注意点】

加工が容易な素材

アクリル板

透明度の高さが特徴

ガラスに似た特性を持つアクリル板は、様々な商品に使われている素材です。アクリル樹脂を成形して製造されており、ガラスよりも多くのメリットを持っています。メリットの一つは透明度の高さです。ガラスと同等の透明度を持っているので、ガラスを使いたいが素材的に難しい場所において代用されています。加えて、強度が高いこともアクリル板の優れた特徴です。ガラスのように衝撃を受けてすぐ割れてしまうことがないため、建築物の中でも人が触れる場所や高い圧力を支える必要がある箇所に用いられています。例としては水族館に設置されている大型の水槽があり、ガラスでは水圧に耐えるのが難しい構造でも、アクリル樹脂を使った製品なら問題ありません。こうした特性から、従来よりも大型の水槽の完成にも貢献しています。簡単に着色できるのも、アクリル板の利点です。成形時にアクリル樹脂の素材に着色料を混ぜるだけで良いため、微妙な色調の製品も簡単に作り出せます。着色料を選ぶことで透明度の高さも保つことができ、着色の影響で濁るのも防げます。多くの工業製品でアクリル板が使われている理由の最たるものは、加工性の良さかもしれません。一般的なプラスチック製の板と同様に簡単に加工でき、薄手のものであればカッターナイフで形状を切り出すこともできます。ガラスのように専用の道具や機材がなくとも加工できるという特性は、工作などのアーティスティックな活動に用いるのにも最適と言えます。入手できる場所は、ホームセンターなどがあげられます。一定の大きさにカットされたものが売られており、カラーバリエーションも豊富です。厚手のアクリル板であれば切断には糸鋸などを用い、接合にはアクリル用の接着剤を使います。

PICK UP

倉庫

物流業界のコスト削減

物流の現場で多く使われているパレットは、商品などを効率よく運搬するのに欠かせないものです。新品でも揃えることができますが、中古パレットなら価格も割安でコスト削減策として効果的です。木製やプラスチック製などから用途に合わせて選びます。

資材

エキスパートな仕事

金沢市にも多くの金属加工を行う企業が有ります。金属の原料や大きさ加工を行う工程によって、必要なスキルや機械類が違ってきます。金属加工を発注する場合、各企業の強味を確認して目的に合った企業を選択することが必要です。

Copyright© 2017 プラスチック容器の利便性と実用性の高さ【購入時の注意点】 All Rights Reserved.